CMPS®

用途

イージーピール蓋材、一般軟包装、紙・不織布・木材・印画紙などへのヒートシール・サーマルラミなど

  • 概要
  • 銘柄表
  • 物性
  • 用途
  • 安全情報

はじめに

CMPS®は、EVA、アイオノマーよりも更に低温ヒートシール性に優れ、多様な材料にヒートシール可能であり、プラスチックフィルム及びシートに対し使用時にピールオープン性を示すという特長をもったヒートシール材料です。

CMPS®は、弊杜独自の技術により開発された押出コーティング可能な、多目的シール樹脂です。

特長

低温ヒートシール性
低温ヒートシール性が極めて良好で、CMPS®同士では90℃でも充分なシール強度が得られます。
多様な基材へのヒートシール性
ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリスチレン、硬質塩化ビニールなどのフィルム及びシートに対し、又、紙、板紙、織布、不織布、木材、印画紙などに対してヒートシール可能です。
ピールオープン性
上記プラスチックのフィルム及びシートの大部分の種類に対しピールオープン性を示します。
透明性
透明性が良好です。

使用上の留意点

元来、包材の内容物保護性とイージーオープン性は多くの点で相反する概念であり、両者の両立する範囲は限定されたものです。

従ってCMPS®を実際に利用するに当っては、必ず内容物を充填してテストを行ない、そのシール性、ピールオープン性を確認した上で商業化される事が必要です。

CMPS®

銘柄 試験項目 メルトマス
フローレイト
密度 引張破壊応力 引張破壊ひずみ 曲げ剛性率 デュロメータ
D硬さ
ビカット
軟化温度
食品衛生性
〇:収載(取得)×:非収載(非取得)-:未確認
1)弊社では食品疑似溶媒等による適合性の試験は実施しておりません。
2)収載(取得)であっても各種制限等がある場合もございますので、必ず弊社に詳細をご確認下さい。
3)食品衛生性情報は必ずしも各法規制(含 自主基準)の最新版を反映しているものではなく、
必ず弊社に詳細をご確認下さい。
測定方法 JIS
K7210:1999(
190℃,2.16㎏荷重)
JIS
K7112
:1999
JIS
K7161-1:2014
K7161-2:2014*1
JIS
K7161-1:2014
K7161-2:2014*1
JIS
K7106
:1995
JIS
K7215
:1986*2
JIS
K7206:1999
単位 g/10min ㎏/m3 MPa % MPa 国ポジティブ
リスト
JCIIセンター
ポリ衛協型
確認証明書
米国FDA
21CFR
欧州
PIM
V207 18 940 15 700 60 40 63
V70 9 920 21 900 38 35 54
V8021 31 980 14 800 27 32 46
VN503 32 940 14 600 54 44 53

← Swipe →

*1 引張試験 試験片の種類及び試験速度:JIS K 7161-2 / 1BA / 20

*2 測定機:Asker社製 P-2 センサー降下速度10.0㎜/s

(注)表示データは、特定条件下で得られた測定値の代表例です。規格値としては採用できません。銘柄選定の目安としてご使用ください。

・本表には代表的銘柄のみ記載しております。本表にない銘柄の有無については、
弊社までお問い合わせ頂きますようお願い致します。

物性

CMPS®銘柄毎の他材料に対するシール性一覧

CMPS®銘柄毎の他材料に対するシール性一覧

V70の他材料に対するシール性

V70の他材料に対するシール性

VN503の他基材に対するシール性

VN503の他基材に対するシール性

用途

CMPS®は以下のような製品の材料として使われています

カップめん蓋

カップめん蓋

カップゼリー

カップゼリー

CMPS®の用途

  • 電子部品搬送用カバーテープ
イージーオープン・ピールオープンの蓋材
OPP/PE/CMPS®、PET/PE/CMPS®、紙/PE/Al/CMPS®などの構成で、ポリプロピレン、ポリスチレン、ポリ塩化ビニールなどの射出成形容器・真空成形容器の蓋材として使用されます。
例:食品(プリン、ゼリー、ヨーグルト、惣菜、即席麺等)、電材。
その他
CMPS®は、紙、織布、不織布、木材、印画紙などにヒートシール、あるいは、サーマルラミが可能なため、建材、壁材、繊維製品などの分野にも応用されています。

安全情報

1.医療用途

この製品を人体への永久移植、又は体液や体内組織との永久接触状態で使用される医療用途には使用しないで下さい(この場合、永久とは30日以上をいいます)。

また、医薬品医療機器等法で規定される医療用具などその他の医療用途に使用される場合は、事前に弊社にご相談ください。

2.食品包装用途

食品用器具・容器包装材に係る国内外法規への収載(適合)状況につきましては、お手数ではございますが弊社までお問い合わせ下さい。