ハイミラン®

用途

ゴルフボールカバー、成形品、フィルム、押出コーディング、自動車用モール、改質材など

  • 概要
  • 銘柄表
  • 物性
  • 用途
  • 製品安全情報

はじめに

科学式01

ハイミラン®はダウ・ケミカル社の技術に基づき、三井・ダウ ポリケミカル株式会社によって製造されるアイオノマー樹脂です。

ダウ・ケミカル社は、エチレン-メタクリル酸共重合体の分子間を金属イオンで架橋したアイオノマー樹脂・サーリン(SURLYN)を開発(開発時は当時のデュポン社)し、世界各国に供給しています。

日本でも、当社がサーリン(SURLYN)の輸入販売を行っていましたが、国内市場の拡大に伴い、1978年秋から当時のデュポン社と同じ方法でアイオノマー樹脂の製造を開始し、ハイミラン®という商品名でこれを販売しています。

* サーリン(SURLYN)はダウ・ケミカル社またはその関連会社の商標です。

特長

  • 非常に強靭で、適度の弾力性と柔軟性をもつ。
  • 耐寒性が大変優れている。
  • 耐摩耗性に優れている。
  • 透明性が良好である。
  • カルボン酸基をもっているので、金属等への安定した熱接着性がある。
  • 優れた耐油性を有している。
  • 耐ストレスクラッキング性に優れている。
  • 顔料、充填材との相溶性に優れている。
  • ポリエチレンと同様の可塑成形ができる。

ハイミラン®はポリエチレンの分子鎖にカルボン酸基の側鎖があり、そのカルボン酸基の一部が金属陽イオンによって分子鎖間で架橋されている構造をもっています。この二つの構造上の特徴によって多くの優れた性質が生まれます。特に金属イオンによる架橋結合は、一般の化学結合による架橋と異なって、熱によって結合力が変わり、加熱することにより結合力が弱くなり、冷却すると強くなる特長があります。

図1 MFR値のハイミラン®と低密度ポリエチレンの溶融流れ性比較

例えば、温度と流れ性の関係では、図のようになり、熱によってイオン架橋が弱くなるため一般の熱可塑性樹脂と同様に成形でき、かつ架橋の存在のために溶融時でも溶融強度、溶融延伸性といった点で低密度ポリエチレンより優れています。固化した状態ではイオン結合がさらに強くなりますので、強靭性が大きくなります。

ハイミラン®と他材料との物性比較

性質 試験法
ASTM
ハイミラン® 参考
低密度
ポリエチレン
硬質
PVC
ポリプロ
ピレン
ポリカーボ
ネート
ナイロン
比重
g/㎥
D-792-60T 0.93~0.97 0.91~0.93 1.32~1.45 0.90~0.91 1.20 1.13~1.16
機械的性質
破断点抗張力
MPa
D-412-51T 20~35 6.9~16 34~62 24~39 55~66 39~64
伸び
%
D-412-51T 300~500 100~650 2~40 250~700 60~100 25~300
アイゾット衝撃強度
(ノッチ)J/m
D-256 >830 >830 4.9~80 31~110 640~850 53~200
エルメンドルフ引裂
N/cm
- 78~300 240~780 39~2700 20~5900 - -
曲げ剛性率
MPa
D-790 70~370 120~250 2500~2800 1000~1400 - 520~2500
表面硬度
RockWell
Shore

-
D-785

-
D56~68

R25~35
D41~46

R104~115
A70~90

R85~110
-

M78
-

R103~118
-
熱的性質
VICAT軟化点
D-1525 57~80 85~97 80~100 140~150 150 -
荷重熱変形温度
℃(at0.45MPa)
D-648 43~49 41~51 54~78 100~110 143 127~170
線膨張係数
cm/cm/℃×105
D-696 11~13 16~18 7.2~7.8 10~15 3.7~7.0 -
脆化温度
D-746 -50~-112 <-76 -29 -23 <-100 -57
電気的性質
体積固有抵抗
Ωcm
D-257 E+16~E+18 E+17 E+15 >E+16 E+17 E+12~E+15
誘電率
(60Hz)
D-150 2.3~2.5 2.3 3.4 2.3 3.17 4.9~10.0
力率
(103Hz)
D-150 0.001~0.004 <0.0005 0.02 0.0008 0.0009 0.06~0.11
耐電圧
kV/mm
D-149 35~43 21~35 48 21~29 17 19~24
透過性
水蒸気
(0.1mm・g/m2・day)
(35℃,95%RH)
- 4~8 4~6 16 0.24~2.8 13~15 30
酸素
10-16mol・m/m2・S・Pa
D-1434 6.0~10 4.0~8.0 0.3 12 0.2~3.0 0.5
炭酸ガス
10-16mol・m/m2・S・Pa
D-1434 20~40 40 1.0 - - 3.2
窒素ガス
10-16mol・m/m2・S・Pa
D-1434 1.3~3.4 2.0~4.0 - - - -
耐薬品性
弱酸 D-543 sA R R R R R
強酸 D-543 sA sA R sA sA A
弱アルカリ D-543 R R R R R R
強アルカリ D-543 R R R R A R
炭化水素溶剤 D-543 S S S sS sA R
ケトンアルコール D-543 sS R D R R R

← Swipe →

R:耐える S:膨潤する A:侵される sS:やや膨潤する sA:やや侵される D:溶解する

(注)表示データは代表値であり、規格値としては採用できません。

ハイミラン®

ハイミラン®と他材料との物性比較

銘柄 イオンタイプ 項目 メルトマス
フローレイト
密度 引張破壊
応力
引張破壊
ひずみ
曲げ剛性率 ねじり剛性率 デュロメータ
D硬さ
ビカット
軟化温度
融点 脆化温度 光学的性質(1㎜厚)*2 食品衛生性
〇:収載(取得)×:非収載(非取得)-:未確認
1)弊社では食品疑似溶媒等による適合性の試験は実施しておりません。
2)収載(取得)であっても各種制限等がある場合もございますので、必ず弊社に詳細をご確認下さい。
3)食品衛生性情報は必ずしも各法規制(含 自主基準)の最新版を反映しているものではなく、
必ず弊社に詳細をご確認下さい。
Haze 全光線透過率
測定法 JIS K7210
:1999
(190℃, 2.16㎏荷重)
JIS K7112
:1999
JIS
K7161-1:2014
K7161-2:2014*1
JIS
K7161-1:2014
K7161-2:2014*1
JIS K7106
:1995
ASTM
D-1043
JIS K7215
:1986*3
JIS K7206
:1999
(DSC) JIS K 7216
:1980
JIS K7136
:2000
JIS K7361-1
:1997
単位 g/10min ㎏/m3 MPa % MPa MPa - % % 国ポジティブ
リスト
JCIIセンター
ポリ衛協型
確認証明書
米国FDA
21CFR
欧州
PIM
1706 Zn 0.9 960 33 300 310 120 68 65 88 -60 以下 2.6 92
1705 Zn 5.0 950 31 400 200 94 63 65 91 -60 以下 5.6 91
1702 Zn 16 950 27 400 170 35 62 63 90 -60 以下 7.4 91
1650 Zn 1.5 950 30 400 250 110 63 74 96 -60 以下 7.8 87
1557 Zn 5.5 950 24 400 260 98 63 72 95 -60 以下 16 88
1554W Zn 1.0 960 32 400 270 140 65 71 95 -60 以下 10 88
1652 Zn 5.5 940 24 500 160 72 58 80 98 -60 以下 27 84
AM7326 Zn 1.1 950 30 400 280 150 62 83 101 -60 以下 17 85
1855 Zn 1.0 960 32 400 92 38 60 56 86 -60 以下 5.7 91
1707 Na 0.9 940 33 300 310 120 67 60 89 -60 以下 3.5 92
1605 Na 2.8 940 35 400 320 120 68 66 92 -60 以下 3.3 92
1555 Na 10 940 23 400 240 84 63 72 95 -60 以下 15 90
1601 Na 1.3 940 31 400 230 80 63 73 97 -60 以下 6.8 91
AM79021 Na 2.8 940 29 400 250 110 63 75 97 -60 以下 10 88
LDPE 0.9 920 17 600 170 48 93 109 -60 以下 96 78
EVA (VA10%) 9.0 930 15 700 72 41 71 96 -60 以下 89 85

← Swipe →

*1 引張試験 試験片の種類及び試験速度:JIS K 7161-2 / 1BA / 20

*2 光学的性質の試験片作成条件(JIS:K7151、冷却方法・B法)

*3 測定機:Asker社製 P-2 センサー降下速度10.0㎜/s

(注)表示データは、特定条件下で得られた測定値の代表例です。規格値としては採用できません。銘柄選定の目安としてご使用ください。

ハイミランはグレード間の差が大きいので、使用グレードの決定に際しましては弊社にご相談ください。

・ 本表には代表的銘柄のみ記載しております。本表にない銘柄の有無については、
弊社までお問い合わせ頂きますようお願い致します。

製品安全情報

1.医療用途

この製品を人体への永久移植、又は体液や体内組織との永久接触状態で使用される医療用途には使用しないで下さい(この場合、永久とは30日以上をいいます)。

また、医薬品医療機器等法で規定される医療用具などその他の医療用途に使用される場合は、事前に弊社にご相談ください。

2.食品包装用途

食品用器具・容器包装材に係る国内外法規への収載(適合)状況につきましては、お手数ではございますが弊社までお問い合わせ下さい。