研究開発

高機能ポリマーに関する最新技術を駆使し、お客様に最適な製品とSolutionを開発・提案いたします。

フロー図
  • テクニカルセンター
  • 安全・衛生・環境
  • 成形機器
  • 分析装置
  • 測定装置

テクニカルセンター概要

沿革

1962年
技術サービス課として発足(大竹工場内)
1967年
千葉に移転(千葉工場操業開始)
技術サービス研究所に改称
1987年
事務棟、成形棟の全面改築
テクニカルセンターに改称
2017年
千葉移転50周年
image01
image02
image03
image04

設備

第1成形棟 2,000㎡
第2成形棟 1,100 ㎡
試験棟 1,100 ㎡
事務棟 1,850 ㎡
合計 6,050 ㎡
(床面積)
総敷地面積 9,700 ㎡

テクニカルセンターの特徴

運営方針

  • 開かれた研究所
    (お客様との共同開発・試作立会い)

機能

  • 新製品、新規用途・市場の開発
  • 質の高い技術サービスの提供
  • 効率的生産技術の開発

能力

  • 成形設備
    (セミコマーシャルスケール)
  • 充実した物性、分析評価設備

安全・衛生・環境

連続無災害(社員休業災害)日数(2021年9月9日時点)

大竹工場
17,514日 
(1973年9月28日~ 47年)
千葉工場
9,611日 
(1995年5月19日~ 26年)
テクニカルセンター
12,511日 
(1987年6月10日~ 34年)

法令遵守の徹底

環境保全への取り組み

廃棄樹脂の削減、使用電力の削減

太陽光発電システム設置(10kw、NEDOフィールドテスト)

資格・エキスパート

包装専士CERTIFIED PACKAGING PROFESSIONAL

包装
管理士

1級射出成型
技能士

臭気
判定士

成形機器

成形機器01
成形機器02
成形機器03

押出コーティング

  • 押出コーティング成形機

フィルム・シート

  • VT-ダイ キャストフィルム / シート成形機
  • インフレーションフィルム成形機
  • 真空ラミネーター

モールド

  • 射出成形機
  • 押出ブロー成形機
  • 射出延伸ブロー成形機
  • 圧空真空成形機
  • プレス成形機

コンパウンド

  • ラボプラストミル
  • 単軸 / 二軸押出機

分析装置

分析装置01
分析装置02
分析装置03

微小分析

  • 顕微FT-IR(各種組成分析)
  • 電子顕微鏡:STEM(表面状態、モルフォロジー)
  • 卓上顕微鏡:卓上SEM(表面状態、モルフォロジー)

化学分析

  • 高温GPC(分子量分布測定)
  • HPLC(各種添加剤分析)
  • GC、GC/MS(各種添加剤、ガス分析)
  • EDX(X線による無機元素定性分析)
  • ICP-OES(無機元素定量分析)

熱分析

  • DSC(融点、潜熱量、比熱、酸化誘導期)
  • TG/DTA(熱分解開始温度、酸化開始温度)

測定装置

測定装置01
測定装置02
測定装置03

機械物性

  • 引張 / 引裂 / 剥離強度
  • 硬度, 剛性, 摩耗
  • 衝撃, 反発弾性

熱物性 / 溶融物性

  • Vicat / HDT, 低温脆性, DVE
  • MFR, メルトテンション, キャピラリー

電気特性 / 光学性

  • 抵抗値 / 誘電率
  • Haze/Trans/Gross, 色相 (YI / ΔE)

その他 物性

  • 摩擦係数, 比重等
  • ガス透過性 (WVTR, O2/N2/CO2)