石油化学・合成樹脂メーカー/三井・ダウ ポリケミカル株式会社ホームページ - 製品紹介

製品紹介 | 製品一覧


エバフレックス®エチレン系ポリマー製品群

物性

1-6)耐熱性

 エバフレックス®の熱変形温度は銘柄によって異なり、酢酸ビニル含量の少ない程その温度は高くなります。
 しかし、図(熱変形率-温度曲線)に示すように、通常の状態ではエバフレックス®の使用温度上限は80℃位までと予想されます。
 一方、エバフレックス®の成形加工の際注意すべきことは熱分解であり、その適切な温度範囲は180℃-220℃です。この温度範囲を越えると熱分解が起り、遊離酢酸の発生をもたらします。
 これにより強い刺激臭や茶褐色の斑点が発生します。従って、エバフレックス®の成形加工時に熱分解が起っているか否かは臭気の発生や着色の程度により判定することができます。

図 加熱変形湾曲線