石油化学・合成樹脂メーカー/三井・ダウ ポリケミカル株式会社ホームページ - 製品紹介

製品紹介 | 製品一覧


エバフレックス®エチレン系ポリマー製品群

物性

1-3)耐薬品性・耐溶剤性・耐油性

 表1に各種一般薬品類に対するエバフレックス®の浸漬試験結果を示します。
 エバフレックス®は通常の高圧法ポリエチレンと同様に耐酸、耐アルカリ性に富み、各種の無機、有機薬品類に対して比較的安定 した性質を持っています。一方、エバフレックス®の耐溶剤性や耐油性はあまり良い分類には属さず、芳香族系のトルエン、キシレンや塩素化炭化水素系のトリクレンなどには溶解し、使用困難です。
 また、鉱物油(グリース、潤滑油など)や動植物油脂類には冒されるため、それらと接触する用途には 事前の予備テストが必要です。図に耐溶剤性、表2に耐油性の試験結果を示します。

表1 エバフレックス®の耐薬品性
重量増加率  単位%  浸漬時間 20日
 

薬品
試料
EV460
EV560
(参考)LDPE
(MFR=1.9 密度=920)
備考
浸漬温度 23℃
60℃
23℃ 60℃ 23℃ 50℃
塩酸 32%
0.5
4.6
0
- 2.3
0
- 0.2
乳白色
硫酸 95%
47.5
94.7
36.4
78.7
- 0.2
- 0.2
黒色
硫酸 60%
0.1
0.1
0
0
- 0.1
- 0.1
淡褐色
硝酸 60%
7.5
溶 解
4.6
溶 解 0 0.1 淡黄色
硝酸 10%
0
1.5
0 0.3 0
- 0.1
淡黄色
リン酸 29%
0.3 1.4 0 2.1    
 
氷酢酸 100%
4.3 10.6 3.9 6.6 0.9 0.9
 
ギ酸 90%
4.1 4.0 1.9 3.5    
 
カ性ソーダ 50%
0.1
0.3
0 0.9
- 0.2
- 0.2
乳白色
カ性カリ 50%
0 0.1 0 0.1    
 
アンモニア水 28%
0.6
6.0
0 2.2 0 0 乳白色
塩化亜鉛 70%
0.1 0.1 0 2.0    
 
硫酸銅 50%
0.2 0.2 0 1.9    
 
硫酸第1鉄 50%
0.2
0.4
0.3 1.4     茶褐色
塩化第1鉄 50%
0.2
0.4
0.5 1.5     茶褐色
過マンガン酸カリ 50%
0.1
-6.0
0
- 2.1
- 0.1
0 黒色
重クロム酸カリ 25%
0.1 0.1 0 0.1
- 0.1
- 0.2
 
重クロム酸ソーダ 50%
0 0.1 0.1 0.1  
 
 
過酸化水素 30%
0.1 0.2 0 0.1
- 0.1
- 0.2
 
メタノール
1.5 2.0 0.5 0.9 0
- 0.1
 
エタノール
3.5 6.5 1.3 2.9 0 0
 
メチルエチルケトン
6.5
× 13.2
4.4 6.1 1.1 3.0 剥離
(×印)
ホルマリン
0.5 0.7 0.2 0.6
- 0.1
1.0
 
アニリン
△15.0
22.5
△ 6.1 △ 8.9  
 
淡茶色
石炭酸
53.1
× 65.2
19.3 28.2 1.0 0.4 剥離
(×印)
グリセリン
0.4 0.6 0.3 0.5
- 0.1
- 0.1
 
モーターオイル
4.2
- 29.2
3.4
21.9
1.0 5.2 黄色
ガソリン
11.8 溶 解 9.9
× 8.9
11.3 17.5 剥離
(×印)
燈油
20.0
× 93.8
15.4 43.0 9.2 23.6
 
蒸溜水
0 2.0 0 0.3
- 0.1
 
 
牛乳
0.2 1.5 0 1.1  
 
 
乳酸飲料
0 0.2 0 0.5  
 
 
醤油
0.4
0.4
0.3
0.4
 
 
淡茶色
ソース
0.6 0.9 0 1.2  
 
 
食酢
0.2 0.2 0.1 0.1  
 
 
オレンジジュース
0
0.2
0.1
0.1
 
 
淡茶色
   備 考 試 片 形  20×20×2mm(射出成形シート)
        注) ▲印 着色  △印 やや着色  ×印 剥離(樹脂の流れ方向)

重量増加  単位%
試        科
EV250
EV260
EV460


薬品
試験条件
浸 漬 温 度   2 3 ℃
1日後
1週間後
1日後
1週間後
1日後
1週間後
硫酸 (30%)
0.1
0.2
0.1
0.1
0
0.1
硝酸 (30%)
0.3
0.9
0.1
1.0
0.3
0.3
塩酸 (20%)
0
0.2
0.1
0.3
0
0
無水酢酸
7.5
0.3
6.0
9.0
2.0
4.0
カ性ソーダ (40%)
0
0.2
0.3
0.5
0.1
0.1
アンモニア水 (28%)
0.2
3.7
0.1
3.0
3.0
0.6
食塩水 (20%)
0.5
0.3
0.1
0.1
0
0
過マンガン酸カリ液 (20%)
0
0.3
0.3
0.3
0.3
0.1
エタノール
0
8.0
4.5
7.0
1.0
3.2
グリセリン
0
0.3
0.7
1.3
0
0.6
サラダ油
2.5
1.0
3.0
9.0
0.3
2.0
洗剤
1.2
3.0
0.9
3.2
0.4
1.9
漂白剤
0.1
0.7
0.3
0.7
0.3
0.3
グレープジュース
0
0.3
0.1
0.3
0
0
醤油
0
0.5
0.3
0.5
0.3
0.3


薬品
試験条件
浸 漬 温 度   6 0 ℃
1日後
1週間後
1日後
1週間後
1日後
1週間後
硫酸 (30%)
0
0.1
0
0
0
0.1
硝酸 (30%)
1.0
2.0
1.2
3.0
0.7
1.0
塩酸 (20%)
0.3
0.3
0.4
0.5
0.2
0.2
無水酢酸
15
15
14
15
6.0
7.0
カ性ソーダ (40%)
0
0.2
0.3
0.3
0.3
0.3
アンモニア水 (28%)
0.7
7.0
0.9
15
0.5
6.0
食塩水 (20%)
0
0.1
0
0
0
0
過マンガン酸カリ液 (20%)
0.4
1.0
0.5
2.5
0.3
-5.0
エタノール
16
17
12
12
6.1
6.4
グリセリン
0
0.2
0
0.1
0.2
0.6
サラダ油
95
260
80
240
13.0
36.0
洗剤
3.0
6.0
4.0
6.0
3.0
5.0
漂白剤
0.1
0.2
0.3
0.2
0.2
0.2
グレープジュース
0.4
0.4
0.5
0.5
0.3
0.3
醤油
0.3
0.4
0.3
0.5
0.2
0.3
 備考   試片の形状 20×40×2mm   ○ 乳白色  ※ 膨潤  ▲ やや変色

図 エバフレックス®の耐溶剤性(最高溶解濃度)
  25℃ 40℃ 65℃
溶剤 銘柄 VA
%
MFR 濃度(%)
  3 5 10 15 20 25 30 35 40 45 50
トルオール
EV150

EV250


33

28


25

15




キシロール
EV150

EV250


33

28


25

15




ベンゾール
EV150

EV250


33

28


25

15




トリクレン
EV150

EV250


33

28


25

15




ミネラル

スピリット

EV150

EV250


33

28


25

15




THF
EV150

EV250


33

28


25

15




MEK
EV150

EV250


33

28


25

15





表2 エバフレックス®の耐油性
(1) 鉱物油膨潤率
                                     単位%
試料
温度 80℃ 23℃
時間 8hr 100hr 200hr
(参考) LDPE
(MFR=3.2,密度=921)
11.4 1.2 1.7
EV560 110 7.9 12.4
浸漬試片20×40×3m/m、浸漬油 出光作動油3号

(2)植物油膨潤率
                                     単位%
銘柄 EV460 EV560 (参考)LDPE
(MFR=23,密度=916)
23℃ 2.0 0.8 0.2
60℃ 33.0 10.0 1.0
7日間浸漬